2008年 01月 04日 ( 1 )

採血に拍手喝采

2008.1.3 (木) - ニューヨーク時間
 
 
どうもこんばんみ。
 
只今、ニューヨーク時間で水曜日の夜10時、某病院におります。

すみません、今日はちょっと長いです。 

 
入院している間は、入院以外の事 (明るい話題) を書こうと思っていましたが、

入院しょっぱなの今日、すでにツッコミどころ満載だったのでもれなく。( ̄ー ̄) にん♪


何が?って採血ですよ、採血!!

血液検査ってヤツです。
 

女の子なら誰もが一度は言われた事があるであろう

「血管が細いですねー。」 ってヤツ。
  
 
私も例外になく昔っからよく言われており、今日も案の定、

(血管を浮き出す為に) しょうこりもなく腕をベシベシ叩かれまくっておりました。
 
針を刺しても刺しても血は採れず。
 

そんな今日の気温は マイナス9度。 体感温度は マイナス14度。

病院内は暖房がきいているとはいえ、私の体は完全に冷え切ってました。

こうなると余計に血管が出てこないんですねぇ~( ̄ー ̄)。


というワケで、両サイドに看護士さんがつき、私の手にホットタオルを巻いてモミモミ、モミモミ。


ん~極楽っ!!


それをずっと繰り返しても、私の体は一向に温まらず。。。


おまえは死人か!?


思わず自問自答。

そしてまた針を刺してみるドクター。
 
「ダメだ。とれない。。。」

ねぇ、もう8本目ですよ?

私の血管が細いのではなく、あなたの腕に問題があるのでわ?という疑問が頭をよぎる。
 
針を刺しながら 「トラブル」 を連発するドクター。

そっちもトラブルかも知れないけど、針をブスブス刺されるこっちも結構なトラブルをこうむってるんですけど。

ま、それはいいや。 



で、看護士さんにモミモミされ、しばらくしては針を刺す、というのをかれこれ2時間くらい繰り返し、

それでも麗しの血管さんに出会える事が出来ず、ドクターもナースもお手上げ状態。


というワケで別室に連れて行かれ、頭から2枚の毛布をかけられ、
(イメージ的には、座った状態で毛布を後ろからずきんのように羽織る感じね。)

「とにかくあったまって!!」

と言い放ち、どこかに消えていく看護士さん。





工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 !?




 
どうやら問題児は隔離されるらしい。。。_| ̄|○

1人取り残され、しゃーないので寝てみた。


そして約2時間後、看護士さんがお迎えに。

また診療室へ行き血管探しの旅が始まったものの、今回は体があったまっていたおかげか

やっとの思いで4本に分けてなんとか採血無事終了。

看護士さん2人とドクターによる拍手喝采。

なぜかわかんないけど、照れる私。

多分、照れるところじゃないよね。笑


結局、採血に4時間ちょっと。

合計で12本打たれました。

私の腕には薬中の如く、青紫色の斑点がいっぱい。
 
 
最後にドクター

「今日は寒いというのもあるけど、朝食を摂ってないから体に熱分がなかったのも原因かもしれないね。」




・・・ぱーどぅん?









あーなーたーが、食べて来るなと言ったのではありませんかーー!!










というワケで皆さん。

特に女性。

採血の前には充分に体を温める事と、栄養を摂っておくことをオススメします。



どうも。



<ひとりごと>
寒さ(冷え)ってこんなにも影響するんですねぇ!!
ニューヨークの寒さ、あなどっちゃいけませんなぁ。
というワケで今夜は両親が持ってきてくれた「足の冷えない不思議なくつ下」を履いて寝ます。
おやすみなさーい。
 

[PR]
by ny-ann | 2008-01-04 12:55 | プライベート | Comments(13)